夢を宣言する力~映画『キングダム』からの気づき

最近、映画を観る機会が増えてきています。

好きな俳優さんが出演している映画の公開がコンスタントに続いているということもありますが、純粋に「映画館で観る映画って、時間が経過しても心に残っているな」と感じることがあり、今年に入ってから意識的に足を運ぶようになりました。

ただこの習慣が身につく前から「公開初日・朝イチの上映回で観る!」と決めていた映画があります。

先日、4月19日に公開された「キングダム」です。

きっと、原作コミックのファンという方も多い作品かなと思っています。

キングダム」は、2006年1月に「週刊ヤングジャンプ」での連載が始まり、54巻まで単行本が刊行されている大人気コミックです。(2019年4月現在)

今回映画化されたのは、その中でも、5巻の46話までとなります。

歴史好きの父の影響でキングダムの存在を知って読み始めた頃、一番印象に残っている話でもあるので、嬉しさしかなかったです。

ただ、原作からは壮大なスケールを感じていたので、「この世界観を映像化するのは難しいだろうな~。」と思っていたんですよね。

なので、今回の映画化には驚きともに、「ちゃんと世界観は表現されるのかな?」と不安もありました。

ただ、どんどん明らかになるキャストやビジュアル写真、予告動画を観るたびに、そんな不安はすっかり吹き飛び、期待しかない状態で、公開日が決まってからは、今か今かと待ち焦がれていたのです。

完全にミーハー話になりますが、原作ファンということに加え、主演は若手俳優で一番好きな山﨑賢人さん。

主題歌は、大好きなONE OK ROCK。観る前からすでに大興奮でした。

夢を宣言し続けることで得られる力

こうして迎えた公開初日。

目覚め良好でテンション高めな #早起きチャレンジ ツイートをした後、午後からの仕事の準備をして、スッキリした気持ちで映画館に向かいました。

予定通り朝イチの上映会で観てきましたが、席はほとんど埋まっていて、注目度の高さを感じました。

このブログで内容に触れることはしませんが、「また映画館で観たい」と思うほど、心に響くものがありました。

素直な気持ちを言うと「山﨑賢人、めっちゃかっこよすぎじゃん!!」という完全に女子的トキメキ心もありますが…(笑)、それと同じくらいキャッチコピーにもなっている「すべてを賭ける夢はあるか」というメッセージの強さに心打たれたのです。

映画を観た後の率直な気持ちも残しておきたくて、うまく言葉がまとまりませんでしたが、こんなツイートをしました。

宝地図ナビゲーターとしても活動している私は、「夢を宣言することの効果」は十分理解もしていますし、実感もしています。

一緒に宝地図をつくった人も、夢を宣言し、その夢が叶うと信じて疑わない人ほど実現していることも知っています。

ただ、「理解できている」「知っている」と「できている」は違います。

そして、「できている」としても、「一瞬も疑いもせず信じ抜く」ことは、よほど強い気持ちがないとできないなと映画を観ながら痛感しました。

と同時に、主人公の信(シン)のような強靭の強さは私にはないかもしれないけれど、もっと自分のこと信じたいなと思ったんですよね。

自分のことは誰よりも自分が信じたいなと。

もがいている自分から、少しずつこれからの自分が見えてきている今でも、やっぱり気持ちが揺らぐことは多々あります。

そして、ちょうど映画を観る前は揺らぎが大きかったこともあり、余計に心に響くものがありました。

映画の出だしから引き込まれましたが、特に心に響いたのは、映画のクライマックスのシーンとセリフで、映画を観てから不思議と「あと少し」の踏ん張りがきくようになった気もしています。

「ストイックな生き方は卒業する」と決めていますが、それでもやりたいことはたくさんあります。

限られた時間の中で、期限が決まったものをやるのが精いっぱいだという状況も何とかしたいという気持ちも強いです。

そんな想いがあったので、映画を観てからすぐ取り組んだのが自己対話とタスク見直しです。

「私の夢は何のか?」

「どんな人生を歩みたいのか?」

「どんな自分でありたいのか?」

まず、自分の心に問いかけました。

そのうえで、今リストアップしているタスクが「問いの答えに繋がるものなのか?」をひとつひとつ確認していきました。

こうして見直した結果、リストアップしているタスクは私にとって必要なものばかりでした。

だからこそ、決めたことがあります。

「期限ないものには、ひとまずでもいいから期限を入れる。」

「できると信じて期限を決めて、自分と約束する。」

そして、先日のブログ【目標面談で気づいた「誰かと約束する」ことの効果】でもご紹介した面談でもしっかりと宣言すること。

そうすることで、後まわしにすることが減ったり、「あと少し」という踏ん張りがきくようになるかもしれないな、という手ごたえを感じています。

▲厳選購入したグッズたちです。映画を観た後はハイテンションで、色んなものをホイホイ買いそうな勢いでしたが、来月から学びの自己投資が控えているので、理性が勝ちました(笑)

夢の宣言は宝地図で

夢を宣言する方法は色々ありますが、私はやはり宝地図で夢を宣言したいです。

宝地図は、未来の自分。

想い描く未来の自分をボードで表現して、ひとりでも多くの方に見ていただき、宝地図について語っていきたいです。

ボードに貼る写真もこだわって選んでみようと考えています。

ずっと迷走していた未来像も明確になりつつあるので、夢を宣言する力が心に響いていて、さらに令和にもなるタイミングでリニューアルしたら、一段とエネルギーが増しそうで、とてもわくわくしています。

完成したらブログでお披露目しますので、ぜひ見ていただけると嬉しいです。

また、「私も宝地図つくりたい!」「リニューアルしたい!」という方は、「宝地図作成セミナー」をリクエスト開催していますので、お気軽にお問い合わせくださいね。

▲映画観てから買うかどうするか決めようと思っていたドキュメント写真集。結果として、観終わった後、即買いしました(笑)写真はもちろんかっこよく、映像が蘇ります。記事も読みごたえ抜群です。また、ONE OK ROCKが歌う主題歌「Wasted Nights」もかっこいいので、収録アルバムの「Eye of the Storm」もオススメです。