ストレングスファインダー「親密性」について考える

ストレングスファインダーについての記事を書き始めて4本目となりました。

ひとつずつ掘り下げて考えていくうちに、今年はストレングスファインダーをもう少しツッコんで学んでみたいという気持ちが強まってきています。

ストレングスファインダーとは、アメリカのギャラップ社が開発した「人の強みの元=才能」を見つけ出すツールで、Webサイト上で177個の質問に答えていくものです。

私の強みトップ5は「共感性」「個別化」「学習欲」「親密性」「責任感」。

今回の記事では「親密性」について考えてみようと思います。

▼他の強みに関する記事

「親密性」の特徴

「親密性」とは、人間関係構築力の強みに分類されます。

「一人ひとりと深く信頼で結ばれた相互関係」を築き、長期的に親密な関係性を継続するのが特徴とのこと。

私はどちらかというと浅くより深く付き合いたい傾向が強く、そういう意味では「社交性」よりもやはり「親密性」がしっくりきます。

「社交性」は多くの出会いを求め、影響力の強みに分類されるものです。

人が集まる華やかな場所やあまり深い話までできなさそうなパーティーも得意ではなかったりします。

物怖じしないように思われるようですが、結構ビビリな体質で人見知りです。

なので話しかけてもらえると心底ホッとし、話す人がいないと特に用もなくお手洗いに行ったりすることもあります。

仕事もプライベートも濃い繋がりを好むことが多く、「親密性」の特徴通り「信頼できそうかどうか」という点を自分なりの感覚で基準にしていることが多いです。

「親密性」上位の人は派閥を作りやすい?

「親密性」上位の人と弱みとして「周囲の人から派閥を作っているとみられやすい」という特徴があります。

確かに気心知れた人と継続的に深く関係性を築くことを好むのが「親密性」の特徴なので、派閥と捉えられることもあるかもしれません。

ただ自分に置き換えてみると、私は派閥は好まないというよりもくだらないなと思っています。

学生時代はクラスにいくつかのグループがありましたが、特に仲の良いグループには属していましたが、グループにこだわることなくどのグループの人とも遊んでいました。

一緒に勉強するなら〇〇ちゃん

買い物に行くなら〇〇ちゃん

恋愛相談は〇〇ちゃん

みたいに、グループ単位というよりは状況や目的に合わせて誰と過ごしたいかということを大切にしていたように思います。

きっと「共感性」と組み合わさった私なりの関係構築だったのだろうなと振り返っています。

社会人になってからも基本スタンスは変わらず、派閥は好みませんが心が落ち着ける居場所は常に求めています。

家庭はもちろん、新卒入社した会社の同期だったり、高校時代や大学時代からの友達との集まりは本当に心の癒しで拠り所です。

少人数ワークショップで本領発揮

キャリアコンサルタントとして個人セッションを行ったりセミナーに登壇していますが、「親密性」を最大限発揮していると実感しているのは、少人数ワークショップだと考えています。

もちろん個人セッションは1対1なので濃密にじっくり関われるため、私自身の強みを発揮できるスタイルです。

ただ、1対1を複数人掛け合わせることができる少人数ワークショップは、参加者同士の強みが掛け合わさる分、さらに得ていただける気づき・発見が多いと感じているのです。

また「親密性」が発揮された場では「安心安全」というワークショップには欠かせない場づくりがしやすいという特徴もあります。

講義形式のセミナーももちろん対応していますが、一方通行よりも双方向で関われるスタイルが強みを発揮できるので、今後さらに力を入れてサービス設計していけるように進めていきます。

「親密性」を活かしたマンツーマンプログラム

少人数ワークショップと並行して力を入れたいと考えているのが、個人セッションです。

企業対応メインで活動しているため、個人セッションのご予約が取りづらい状況が続いておりますが、オンラインを中心に予約枠を増設して対応していく予定です。

(キャリアトランプのメニューは対面のみとなります。)

また正式サービスとしてはまだ展開しておりませんが、実現したいキャリアを徹底サポートするマンツーマンプログラムも人数限定で提供しています。

プログラム開始前に実現したいゴールやご要望をしっかりとヒアリングさせていただいた後、双方合意の上でプログラムを開始します。

30分オンラインセッション(月4回)と回数無制限のテキストカウンセリング(原則24時間以内に返信)という内容を最低3ヵ月継続で、月額88,000円(税込)です。

他、現場実践をベースとしたカウンセリング・コーチングレッスンもリクエストをいただいているのでご提供できるよう準備を進めています。

漠然とした内容となっておりますが、興味がある方はお気軽にお問い合わせくださいね。

お一人ずつご事情や目的に合わせてご案内いたします。