山羊座の私がラッキーイヤーに飛躍するための5つの決意

占いは自分に都合の良いことしか信じないタイプですが、半年ほど前から占星術を取り入れた生活を送ってみようと決め、星の流れに合わせて目標設定をしたりスケジュールを組んだりしています。

占星術師のemicoさんとのコラボイベントがきっかけでしたが、おかげで意欲的かつ心穏やかに過ごせているなと感じる日が増えてきました。

また12月3日から山羊座のラッキーイヤーが始まるということで、好スタートを切るために断捨離も進めていますが、いつも以上に白黒ハッキリ取捨選択ができている気がします。

宮治の星まわりとは

太陽が山羊座な私。

太陽は主人格をあらわす星なので、山羊座の特徴を活かした生き方ができるとしっくりくることが多いようです。

山羊座の特徴(ざっくり)はこんな感じ。

我慢強い、完璧主義、誠実、持続性や安定性を好む、忠誠心強め、保守的、変化を嫌う

おおよそ当っています。

そして、感情や心を司る月は牡羊座です。

牡羊座の特徴(ざっくり)はこんな感じ。

競争精神強め、闘争心強め、活動的、情熱的、飽きっぽい、一貫性に欠ける

あれ?!山羊座と牡羊座って微妙に相反していますね(笑)

でも、この葛藤がまさに私の特徴で人から共感を得られる観点とのこと…。

自分でも山羊座と牡羊座の両面を持っているなと感じていて「時と場合によって器用に色んな対応ができるのが強みなのかな?」とぼんやり思ったりはしています。

12年に1度のラッキーイヤーがやってくる!

冒頭でも12月3日からラッキーイヤーが始まると書きましたが、それは木星が山羊座に入るタイミングだからです。

木星は12年で12星座を1周する星で、社会的発展や拡大、富や人脈、活動範囲なども広まりやすくなる特徴があります。

12年に一度この周期がまわってきて、まさに山羊座が近づいているということなのです。

このラッキーなタイミングに占星術を取り入れた生活をしているということは「きっと何かしらの意味がある!」と勝手に解釈し、山羊座さんだけが集まるイベントに行ってきました。

その名も「12年に一度のラッキーイヤーがやってくるっ!山羊座さんのための!西洋占星術

イベントではこれまでのやぎ座の歩みを振り返ったりもしながら、ラッキーイヤーをどう過ごしたらよいか、どのような目標を立てるといいのかを具体的に教えてもらうことができました。

詳しい内容を知りたい方は、ぜひemicoさんを紹介しますのでお声掛けいただきたいですが、ここでは私流に解釈した内容をシェアしていきます。

<ラッキーイヤーに意識する山羊座のポイント>

  • 組織やコミュニティではなく自分に軸足を置いて活動する。
  • 今まで以上に社会的貢献について真剣に考える。
  • 伝統的なものを大切にする。
  • 時間を意識して大切に過ごす。
  • アウトプットを意識した活動をする。

ラッキーイヤーに飛躍するための5つの決意

イベント最後に参加者の皆さんでラッキーイヤーにやりたいアクションプランをシェアしましたが、さすが山羊座の集まりという感じで、共感ポイントしかないアクションプランばかりでした。

そんな中、私が考えたアクションプランをこのブログでは5つの決意としてまとめてみます。

【1】覚悟を持ってフリーランスとして活動する。

なぜこれが一番最初の決意なのか。

ぶっちゃけ話になりますが、最近会社組織の一員として業務委託で関わらせていただく機会が増えて、会社組織の中で働く仕事の楽しさが蘇ってきていました。

そのためチラッとではありますが「会社員に戻る選択肢もゼロではないな」と思い始めたりもしていたからです。

ただ星の声を聴き、また自分の心の声もしっかり聴きたうえで「やはりフリーランスとして活動する」決意が固まったので「ラッキーイヤーは今まで以上に覚悟を持って取り組むぞ!」とまずはこの決意を固めました。

【2】北海道でキャリアカフェの運営とキャリアトランプ認定講師としての活動を始める。

キャリアコンサルタントとして自分にできることはないか、常に考えて仕事をしています。

色々な可能性が思い浮かんだ中で一番強くやっていきたいと思ったのは「自分のキャリアについて、楽しく真剣に深く考えられる場所を北海道に作っていく」ということでした。

そのために2020年には東京や大阪で開催されているキャリコンサロンのコンテンツ「キャリアカフェ」を北海道で開催したり、今絶賛勉強中のキャリアトランプ認定講師になってキャリアトランプでキャリア支援ができる人を増やす活動をしていきたいです。

札幌に限らず、道内各所でワークショップも開催していく予定です。

【3】食に関わる活動を始める。

人生の中で一番好きなことが食べることです。

「山羊座は食べることに縁深い」と聞き、妙に納得感を得ながら「やはり好きな食に関する活動をしたい」という気持ちがメラメラ湧き上がっています。

実は2年前の誕生日にそれらしいことを宣言したことがあるのですが、ちょっとしょんぼりするフィードバックがあって足踏みしてしまった苦い経験がある事案です。

ただ、その時イメージしていたものは今思えばちょっと方向性がずれていた気もするので、足踏みして正解だったのかもしれません。

私が今やりたいと思っているのは「郷土料理・ご当地料理のメディアをつくること」で、伝統・歴史的観点からも山羊座にマッチしていると知り、大きく背中を押された気がしています。

正直「マニアックな旅メディア」と迷っている面もありますが、何かしらのメディアは立ち上げます。

【4】有料noteかkindle本を発表する。

今まで私が心の奥の底にしまい込んでいた女性ならではのあれこれについて、誰かの役に立つのであれば…という想いから、また私自身の気持ちの整理も兼ねて有料noteかkindle本にして発表したいと考えています。

構想から1年以上経っていますが、山羊座さんの集まるイベントで打ち明けた時に暖かい共感を感じることができたのでとても勇気が出ました。

私の中で大きな転機となったバセドウ病が教えてくれたことをまとめていきます。

【5】食生活アドバイザー2級合格&「キャリア×食生活」の活動を加速させる。

現在 #大晦日までの100日チャレンジ ということで、来年受験予定の食生活アドバイザー2級の勉強の習慣化に取り組んでいます。

健康がすべてではありませんが、健康に不安があると想い描くキャリアも進みづらくなりますので、私は健康についてキャリア支援でも積極的に取り入れています。

特に「食べたもので身体は作られる」という実感があるので、食生活の観点からのアプローチが多いですが、自己流だけではなくしっかりとした基盤が欲しいと思い、2年前に食生活アドバイザー3級は取得しました。

ただ3級を取って勉強をストップしてしまったので、来年は2級を取得してさらに食生活に関しても自信をもってアプローチできるようにしたいと考えています。

12月3日までにこの5つの決意をさらにブラッシュアップして、ラッキーイヤーを晴れ晴れした気持ちで迎えるつもりです。

そしてラッキーイヤーを迎えた後は、満月ワークショップでさらに自己実現を加速させていきます!

占星術師のemicoさんとのコラボ第2弾で、私も登壇するイベントです。

12星座ごとに2020年前半の流れを知り、満月の力を借りて2019年に手放すものを整理できるようになります。

そのうえで私が担当するのは目標の立て方や行動の習慣化についてで、2020年の自己実現を加速させるためのヒントをお持ち帰りいただける内容です。

占星術を取り入れられるところからでも生活の中で意識していくと本当に心が安定してくるのを実感しているので、その点についてもシェアしたいと考えています。

ラッキーイヤーを迎える山羊座さんはもちろん、すべての星座の方に自信をもってオススメできるイベントです。

ぜひFacebookイベントページをご確認いただき、お申込みいただけたら嬉しいです。

占星術、知れば知るほど面白いですよ。