がむしゃらな想いを形にする方法~えんとつ町のプペルVR札幌

「信じぬくんだ。たとえひとりになっても。」

このメッセージを教えてくれたのは友達でした。

「本に書いてあったの!すごくいい!」ということだったので、てっきりビジネス本だと思い込んでいたので、絵本と知った時はとても驚きました。

しかも表紙を見たら、一本一本繊細に書かれた綺麗な風景に、愛くるしいキャラクター。

ストーリーを読む前から、すっかり世界観とメッセージに魅了された絵本。
キングコング西野亮廣さんの「えんとつ町のプペル」です。

初めて知ったよという方や、まだ読んでないよという方は、ぜひ手に取って読んでいただきたいですが、ネット上でもこちらで全文無料公開されていますので、まずは一度読んでいただけると嬉しいです。

リアルな絵本の世界を体験できる?!

「えんとつ町のプペル」は、絵本で読むだけでも感動しますし、多くの気づきがありますが、何とVRの技術を使って、まるで自分がえんとつ町の中にいるような、そんな体験ができます。

ずばり「えんとつ町のプペルVR」です。詳しくは、こちらをご覧ください。

と言っても、こういう画期的な体験のほとんどは東名阪に限定されていることが多いので、なかなか札幌で体験できる機会は少ない…というのも実情です。

私自身も札幌でVRイベントが開催されるとは思わず、FacebookやTwitterに流れてくる楽しそうな投稿を見ながら、4月以降定期的に東京に行く機会でタイミング合えば行こうかなくらいのテンションでした。

…が!

「えんとつ町のプペルVRイベントを札幌で開催したい!!」と、ものすごく情熱的に、ものすごくがむしゃらない想いを持った人から声がかかります。

ヘアーサロン DROLLのスタイリスト・美容師の渡辺貴彦さんです。

渡辺さんは、VRイベントを開催するだけはなく、作者の西野さんが「えんとつ町のプペル」を一人でも多くの子供に届けるためにネットでの無料公開をしたように、「たくさんの子供たちに見てもらいから無料招待したい!」という強い想いを持っています。

その想いを聴いた時、正直に言うと…私には子供を無料招待する動機付けが全くないため、実現したいこと自体には心は動きませんでした。

ただ、渡辺さんのことは応援したいと心から想いました。

心の底から湧き上がって止まらない「絶対実現したいんだ」というむしゃらな想いを全身で感じたからです。

前のめり過ぎるくらい前のめりで。

でも実現したいVRイベントは、来た人が幸せな気持ちになれて、一歩踏み出す勇気を持てる空間にしたい。

この情熱と優しさに、私はVRイベントのお手伝いをすることを決めました。

▲「えんとつ町のプペルVR札幌」イベント主催の渡辺さん。約2年前にこの『えんとつ町のプペル』の読み聞かせボランティアに参加した時から、「札幌でいつかプペルのイベントを開催したい」という思いを抱き続けています。

クラウドファンディング始まりました!

「えんとつ町のプペルVR札幌」イベントのお手伝いを始めてから、これまで一番準備を進めてきたのは、「子供を無料招待したい!」という想いを実現するためのクラウドファンディングの準備です。

お手伝いチームメンバーが、それぞれの強みを活かしながら試行錯誤をかなりかなーーーり繰り返しながら、本日3/21に無事に公開することができました!!(感無量!)

本当にVRイベントへの想いが詰まったページに仕上がりましたので、上記バナーからぜひご覧いただけると嬉しいです。

そしてご支援いただける方、シェアいただける方、本当に心の底から感謝いたします。

なお、今回のクラウドファンディングは、SLKHAT(シルクハット)を利用しています。

SLKHATをはじめて利用する方がスムーズに手続きができるよう、ポジ部長が解説ページを作ってくれていますので、合わせてご覧ください。

▼ポジ部長のSLKHAT解説ページ
クラウドファンディング『SILKHAT(シルクハット)』の登録方法を写真付きで解説!

▲主催の渡辺さんがいなくても打ち合わせを重ねるお手伝いメンバー(笑) いつも勉強になることばかりで、通常の仕事では得られない経験をさせてもらえています。

肝心のイベント詳細はこちら

クラウドファンディングの結果が出た後、子供の招待人数を確定し、大人チケットの販売を開始いたします。(追ってご案内いたします。)

クラウドファンディングの結果に関わらず、VRイベントの開催は確定していますので、ぜひえんとつ町に遊びにきてくださいね。

「えんとつ町のプペルVR札幌」イベント

 

  • 日時:2019年5月24日(金)10時~20時(予定)
  • 料金:クラウドファンディング終了後に確定
  • 補足:
    ・1回15分の上映、最大10名まで一緒に観覧できます。

    ・入れ替えを考慮し、1時間で最大20名の観覧を予定しています。