楽しくも奥深い「キャリアトランプ」の魅力

1月26日(土)、27(日)の2日間、名古屋で「キャリアトランプ」の学びを深めてきました。

「キャリアトランプ」とは、ゲーム感覚で活用できるカード型の支援ツールで、認知言語学を応用して、人の認知と行動を変化させるのが特徴です。

※「キャリアトランプ」については、【「キャリアトランプ」だからこそ消えた心の枠】でもご紹介しています。

今回の学びで、「キャリアトランプ」を活用したマンツーマンセッションや扱えるカードの種類がグンと増え、幅広いテーマで多様なニーズに対応できるようになりました。

当事務所でも、2月下旬より本格的に「キャリアトランプ」を活用したワークショップや個人セッションを開始しますので、北海道を中心に「キャリアトランプ」を広めていきたいと考えています。

世の中に数多く存在するツールの中でも、なぜ私が「キャリアトランプ」を中心にセミナーやワークショップ、個人セッションを行うのか。

その問いに対する明確な答えではないかもしれませんが、今回は2日間の学びを通して得られた気づきについてまとめてみたいと思います。

「キャリアトランプ」に興味を持っていただくきっかけになれば嬉しいです。

何度やっても気づきが得られる

「キャリアトランプ」には、10のゲームスタイルがあり、テーマや目的に合わせて何通りにも組み合わせてゲームを行うことができるのが特徴です。

ゲームスタイルごとに得られる気づきは異なりますが、同じゲームスタイルを何度やっても毎回気づきが得られます。

「同じゲームスタイルなら、得られる気づきも同じだから1回やれば十分!」と思ってしまうには、とてももったいないのが「キャリアトランプ」。

私は、1月初旬に「キャリアトランプ」を学んでから、10のゲームスタイルの中で、自己対話にも活用できると感じたゲームを毎日セルフワークで行っています。

さすがに毎日やったら得られる気づきも少ないかな?気づきがない日もあるかな?と思っていたのですが、驚くほどに毎日何かしらの気づきがあり、微妙に視点が異なっていたりしています。

また、前にも同じこと気づいたなって思っていても、感じ方が違ったり、そこからのアクションが変わったりしたので、結果として毎日やるのが日課になりました。

今回の学びでは、はじめてマンツーマンセッションを体験しましたが、グループワークでもセルフワークでも感じなかった全く違う気づきを得られたのが印象的でした。

グループワークでは他の方の考えに触れることができるので、気づきが広がるのが魅力です。

そして、マンツーマンセッションでは、じっくりと自己対話ができるだけではなく、他者のフィードバックや価値観の共有があることで、気づきの幅が深まるだけではなく、違う視点での気づきも得られるというまた違う魅力があります。

先日、ゲームが大好きな方から「キャリアトランプ、絶対攻略します!」と言われて、ちょっと考えてみたことがありました。

「キャリアトランプ」は、ゲーム感覚で取り組める。ということは、繰り返しやっていたら、いつかスーパーマリオとかドラクエみたいにクリアする日がくるのか…。

その答えは明確にNO。

「キャリアトランプ」には、攻略法は全くないですし、テクニックを駆使して進めるものでもないですし、そもそもクリアするという概念自体ないです。

「キャリアトランプ」は、楽しくかつ効果的に自己発見や自己理解が進められるよう本当に細部の細部まで緻密に設計されているので、何度でもどんな場面でも活用でき、そのたびに気付きを得ることができるのが特徴のひとつです。

▲「キャリアトランプ」は色にもこだわってデザインされたカードです。インテリアとしても飾っておきたいくらい気に入っています。きれいでかわいいだけではなく、漠然と色に触れることで得られる気づきもありました。

一人ひとり違うし、同じ人の中にもいろんな自分が存在している

今回の学びは、「ダイバーシティ」がひとつのテーマでした。

ダイバーシティとは「多様性」を指し、自分と異なる価値観を否定するのではなく、理解することで新しい価値を生み出していくという考え方です。

「キャリアトランプ」は、「みんな違って、みんないい」という考えのもと設計されているので、ダイバーシティにも効果的にアプローチすることができるツールです。

ダイバーシティというと、「自分と他者」の視点で捉えられやすいですが、「自分の中のいろんな自分」という視点もあります。

私はよく家族に「ON・OFF別人としか思えない」と言われています。

それは、「仕事をしている私」と「素の私」という違う自分が私の中に存在しているからです。

もっと言うと「妻としての私」「子としての私」「友人としての私」「コミュニティの中の私」など結構色んな「私」がいるということです。

それぞれの「私」を「別の私」が受け入れているかな?って考えてみると、受け入れていない面もあると感じました。

色々な「私」をイメージしてみると面白い光景が浮かんできたのですが、例えば、「素の私」に対して「仕事をしている私」の呆れた顔。

「すっぴんで外出するなんてあり得ない」と(笑)

※在宅リモートワーク日に近所に買い物行く時は、基本すっぴんな私です。

そう考えていくと、ダイバーシティって大きくて壮大なテーマというわけではなく、もっと身近なものなんだと捉えることができました。

なので、まずは自分の多様性を理解して、受け入れて、そこから新しい価値をつくっていくことからはじめたら、結果として社会全体にダイバーシティの考え方が広がって浸透していくのではないかと感じたのです。

「キャリアトランプ」を活用していくと、自分自身の多様性も理解できますし、もちろんグループワークを通して、他者理解も深めていくことができます。

▲1日目は、マンツーマンセッションについて集中して学びました。カードと対話する感覚で、普段感じたことがない葛藤があったり、新しい発見があったりと、面白くも深い体験をすることができました。

未来を描きづらい人こそ「キャリアトランプ」

私は、2013年から「宝地図」のセミナーやワークショップを開催しています。

「宝地図」とは、日本では望月俊孝さんが提唱しているもので、「自分の思い描く夢の写真を1枚のボードにどんどん貼って、未来をありありとイメージすることで、夢の実現を加速させるツール」です。

このツールの性質上、「宝地図」をつくる段階で、未来を描けている状態であることが望ましいのですが、未来は簡単に描けるものではありません。

もちろん、「宝地図」をつくる前に未来を描けるよう、書き出しワークなどでサポートはさせていただているのですが、もっと簡単に、もっと楽しく未来を描くサポートがしたいとずっと思っていました。

書き出しワークって、結構大変なんですよね。

私自身、書き出しワークって本当に気持ちが乗らないとなかなか続かないのと、いつしか義務感が強くなってしまって、楽しくなくなってしまったりで、結果として途中で挫折することもたくさんありました。

「宝地図」は、わくわく楽しくつくるものなので、もっと事前サポートも楽しく取り組めるものにしたい!とずっと考えていましたが、まさに「キャリアトランプ」がピッタリ!という結論に至りました。

「キャリアトランプ」で、自分がやりたいことや大切にしていることを発見したことを、「宝地図」で見える化する。

最強の組み合わせだなともうわくわくが止まらないので、早くメニュー化してご案内できるように準備を進めます!

すでに私が主催した「宝地図」のセミナーやワークショップに参加してくださっている方にも、ぜひ「キャリアトランプ」を体験いただきたいと考えています。

と、私自身がすでにわくわくが止まらないので、間違いなく素敵なメニューができます!

ぜひご案内を楽しみにお待ちくださいね。

▲2日目はダイバーシティ(多様性)をテーマに学んできました。講師の加藤先生が本当に素敵すぎて大尊敬。とっても刺激を受けましたし、これまでの学びを整理できて一気に深めることができました。私の「宝地図」に加藤先生のような講師になるという未来を貼りました!